資格試験 資格取得でスキルアップ

entitled.exblog.jp
ブログトップ
2006年 06月 06日

行政書士資格なく代行 大阪陸運協理事長ら逮捕へ

行政書士資格なく代行 大阪陸運協理事長ら逮捕へ

 国土交通省の外郭団体「大阪陸運協会兵庫支部」(神戸市東灘区魚崎浜町)が、行政書士の資格が必要な新車登録代行などの業務を、無資格の補助員にさせていたとして、兵庫県警生活経済課と東灘署などは29日までに、行政書士法違反の疑いで同協会(大阪市中央区)の理事長(64)や同支部長(58)ら4人の逮捕状を取った。同課などは同日午前から同支部など関係先の捜索に着手しており、容疑が固まり次第、理事長ら4人を逮捕する。

 調べによると、同支部は国交省兵庫陸運部に隣接。車の移転や名義変更の登録、ナンバープレート交付の申請代行業務などを行っている。これらの業務には行政書士の資格が必要で、同支部では、昨年末まで同省OBの専属行政書士1人が支部内に事務所を開設し、補助員2人の計3人で申請代行業務をしていた。

 しかし昨年末、行政書士が病気で入院し、今年2月に病死。新たな行政書士が着任するまで、同支部では、補助員が行政書士の印鑑などを利用して代行業務を継続し、1件300-2千円の手数料収入を得ていたという。

 今回の逮捕容疑は、理事長らが行政書士の資格を持っていないにもかかわらず共謀し、専属の行政書士が不在だった今年2月3日、3人からの依頼を受け計4回、同支部で車の移転や名義変更登録の書類を作り、計約1万5千円の報酬を得た疑いが持たれている。

 神戸新聞社の取材に対し、同支部は「違法性の認識が甘かった」としていた。

 同協会は1957年に設立された財団法人。兵庫、大阪、京都など6府県で計15の支部があり、12人の理事がいる。国交省から天下りを受け入れており、理事長も同省OB。


亡くなった人の名義を悪用するなんて許せません!違法性の認識が甘かった、なんて甘いこと言っていられません。
[PR]

by spiraledge | 2006-06-06 20:54


<< ジャパンケアは夜間対応型訪問介...      京都府行政書士通常総会を開会 ... >>