資格試験 資格取得でスキルアップ

entitled.exblog.jp
ブログトップ
2006年 04月 09日

館林厚生病院増築へ 移転計画白紙撤回

館林厚生病院増築へ 移転計画白紙撤回

 館林市、邑楽郡五町でつくる邑楽館林医療事務組合が運営する館林厚生病院(館林市成島町)の移転新築計画で、同事務組合は二十七日、移転予定地の地権者らの合意が得られなかったなどとして、現在の病院の増築で、当面の地域医療サービスの充実を図ると発表した。事務組合管理者の中島勝敬館林市長は、「地権者全員の協力が得られず、見通しが甘かった」と話した。

 事務組合は二〇〇一年、新病院建設の基本方針を決定。同病院移転予定地に館林市の近藤沼周辺を挙げ、一〇年度の完成を目指していた。しかし、予定地の地権者二十二人のうち二人の合意が得られず、今月の組合会議で計画を白紙撤回。病院増築に方向を転換した。まず、赤字が続く病院の健全経営を目指し、将来的な移転新築計画に備えたいとしている。

 増築構想では、回復期リハビリテーション病棟(四十八床を予定)を新設。集中治療室(ICU)の設置や手術室、救急室などの整備拡充を図り、六床の病室を四床にするなどして、患者の療養環境を整える。事業費は約十八億円を見込み、〇七年度中の完成を目指す。懸案の耐震対策は先送りにされた。


地域医療のためには病院経営をまずしっかり健全化しないといけません。地域間格差の問題は医療面でも根強い問題です。。
[PR]

by spiraledge | 2006-04-09 17:16


<< 保育士をめざして巣立つ      税理士や社労士、司法書士… 中... >>